メルセデスAMGのPHEV登場! 「C63S Eパフォーマンス」はF1テクノロジーをフィードバックしたスーパーCクラス

2022年9月21日(現地時間)、メルセデスAMGはニューモデルの「C63S Eパフォーマンス」をオンラインで発表した。これは、AMGの55年にわたる歴史においてゲームチェンジャー(今までの流れを一転させるもの)となるモデルだ。

2Lの直4ターボ+モーターのPHEVを採用

C63S Eパフォーマンスは充電も可能なPHEV。モーターだけで13kmの走行が可能だ。

これまで、メルセデスAMGのハイパフォーマンスモデルといえば、大排気量エンジンを搭載していた。たとえば、歴代の「AMG C63」のパワーユニットは、 だった。

ところが、今回の「C63S Eパフォーマンス」のエンジンは、2L!(正確には1991cc)の直4ターボ。とはいえ、F1テクノロジーからフィードバックされたターボチャージャーは電動アシスト式で、476hpの最高出力と545Nmの最大トルクを発生する。これは、市販車の4気筒エンジンとしては史上最高のパワースペックだという。

これに204hpと320Nmを発生する電気モーターを組み合わせ、システム総合で680hpと1020Nmを発生する、プラグインハイブリッドシステムを採用しているのだ。モーターだけで13kmの走行も可能だ。しかも、総電力量6.1kWhのリチウムイオンバッテリーをリアに搭載し、2スピードのモーターで後輪を駆動する。そして前後トルク配分可変の4WDシステム「AMG パフォーマンス 4マティック+」で制御する。

エンジンに組み合わされるトランスミッションは、AMGスピードシフトMCT(マルチクラッチトランスミッション)9Gと呼ばれるトルコンレスの9速AT。さらに、Cクラスとしては初の後輪操舵も標準装備して、低速時は逆位相で小回りを効かせ、高速時は同位相でコーナリングのスタビリティを向上させる。

内外装ともに専用のアイテムを装着。オプションも豊富に設定

ヘッドレスト一体型でサイドサポートも良さそうなシートはサーキット走行にも対応できるだろう。

エクステリアもノーマルのCクラスとは異なる、力強いものだ。フロントエンドは50mm長くなり、フェンダーも広げられている。全長は83mm、全幅は76mm、ホイールベースも10mm拡大されている。ボンネットの中央にはスリムなエアアウトレットが備わり、そしてボンネット前端のエンブレムは、メルセデスAMG車として初めてAMGのものに換えられている。

インテリアでは、完全に再設計されたヘッドレスト一体型のAMGパフォーマンスシートがオプション設定されている。エクステリア同様にエクスクルーシブなカラーや、またナッパレザーなどの選択が可能だ。

ツインスポークのAMG パフォーマンス ステアリングホイールは、さまざまな機能を操作できるボタンを備え、ドライバーはステアリングホイールから手を離すことなく、ハイブリッド ドライブの回生レベルの選択など、重要な運転機能やドライブモードをコントロールできる。

F1テクノロジーもフィードバックされた、まさにスーパーCクラスとも呼ぶべきメルセデスAMG C63S Eパフォーマンス。現段階では日本導入に関してはアナウンスはないが、遠くない時期に日本デビューすることは間違いないだろう。なお、このC63S Eパフォーマンスはセダンだけでなく、ワゴンの「エステート」も設定されている。

今後、E63やS63にも、この直4ターボ+モーターの「Eパフォーマンス」が搭載されるかどうかは未定だが、メルセデスAMGといえども、燃費の向上、そして排出ガス低減のために電動化を加速させなければならない時代がやって来たようだ。

いまのところ日本導入の時期は未定だが、遠くない時期に日本デビューすることは間違いないだろう。

■メルセデスAMG C63S Eパフォーマンス 主要諸元

●エンジン種類:直4 DOHCターボ+モーター
●総排気量:1991cc
●エンジン最高出力:350kW(476hp)/6750rpm
●エンジン最大トルク:545Nm(55.6kgm)/5250-5500rpm
●モーター最高出力:150kW(204hp)
●モーター最大トルク:320Nm(32.6kgm)
●システム総合出力:500kW(680hp)
●システム総合トルク:1020Nm(104.0kgm)
●トランスミッション:9速AT(AMGスピードシフト MCT 9G)
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●EU総合燃費:14.5km/L
●バッテリー総電力量:6.1kWh
●EV走行可能距離:13km
●0→100km/h加速:3.4秒
●最高速度:250km/h
●車両重量:2111kg

© 株式会社モーターマガジン社