高校生9割「銭湯経験あり」風呂で聴きたいのは昭和の名曲

銭湯に行ったことある?

イマドキの高校生の約9割が銭湯に行ったことがあることが、アイ・エヌ・ジーが2022年9月21日に公表した調査結果からわかった。

10月10日の「銭湯の日」にちなんだトレンド調査は、関東の高校生(男女比5:5)にWebアンケート調査で実施した。有効回答人数は100名。調査期間は2022年8月18日~8月24日。

「銭湯に行ったことはある?」という質問に対し、「ある」と答えた人は89.0%にのぼる。旅先のホテルではユニットバスではなく、敢えて銭湯を利用することもあるようで、リラックスしたいときに活用するようすがうかがえる。

「銭湯にどんなイメージ・印象を持っている?」という質問に対しては、1位は「疲れがとれる」68.0%、2位は「癒される」55.0%、3位は「落ち着く」52.0%だった。施設内ではスマートフォンの使用を禁止している銭湯も多いことから、ちょっとしたデジタルデトックスができる点も「疲れがとれる」や「癒される」が選ばれた要因ではないかとみられる。

高校生からは「いつもは湯舟に浸かることがないから癒される」(高2・女子)、「旅行とかで疲れて入ったりすると最高」(高2・男子)、「チェーンではなく個人経営の銭湯に行くのがこだわり」(高3・男子)といったコメントが集まった。

続いて、「銭湯で聴きたい曲は?」という問いには、1位はザ・ドリフターズの「いい湯だな(ビバノン・ロック)」が選ばれ、「お風呂と言えばこの曲」(高2・女子)、「定番」(高3・男子)といった声が寄せられた。

2位はSaucy Dogの「結」、3位は、RADWIMPSの「ふたりごと」で、いずれも落ち着いたイメージのある曲が選ばれた。

トレンドに敏感な関東の高校生に「次に流行ると思う物事は?」と聞いてみると、食べ物の分野で「キャラパキ」や「10円パン」があげられた。

「キャラパキ」は絵柄に沿ってパキッと割れるチョコレート菓子シリーズで、2022年9月に「サンリオキャラクターズ」が新発売となった。絵柄がランダムということもあり、まとめ買いの傾向が高まっている。

韓国で流行りの10ウォンパンならぬ「10円パン」は10円玉の形をしたパン。MEGAドン・キホーテ渋谷本店で9月より販売が開始され、高校生の間でじわじわと人気を集めている。

編集部

© 株式会社イード