円相場急変なら再介入も 鈴木財務相「対応取る」

為替介入について記者会見する鈴木財務相=22日午後6時38分、財務省

 鈴木俊一財務相は22日夜に緊急記者会見し、急激な円安に歯止めをかけるため、外国為替市場に介入したと発表した。円相場の急変には今後も「必要な対応を取りたい」と述べ、再び介入する可能性を否定しなかった。

 介入に投じた資金額や、日本単独での実施だったか、他国との協調だったかは明かさず「(各国の)通貨当局とは連絡を常に取り合っている」と説明。「今の時点では一定の効果が数字に表れている」とし、日銀と「一方的な円安の進行が望ましくないという認識を共有している」と語った。

© 一般社団法人共同通信社