数カ月は戦況に影響なし ロシア部分動員令で米研究所

ロシアとの捕虜交換で解放され国旗を掲げるウクライナ軍の兵士ら=21日、ウクライナ北部チェルニヒウ(ウクライナ保安局提供、AP=共同)

 【キーウ共同】米シンクタンク、戦争研究所は21日、ロシアのプーチン大統領が署名した部分動員令は今後数カ月間の戦況に影響を与えないとの分析を発表した。冬にかけてのウクライナ軍による占領地奪還にも影響しないとした。ウクライナ軍のザルジニー総司令官は21日、自発的か動員かにかかわらずロシア軍を撃退すると強調した。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は22日までに、ロシアと捕虜交換が行われ、ウクライナ側の兵士215人が解放されたと発表した。ロシア側には拘束中の親ロシア政党の指導者メドベチュク氏を含む55人を解放したと明らかにした。

© 一般社団法人共同通信社