過度な変動に「断固対応」 岸田首相、円買い介入で

22日、米ニューヨークで記者会見する岸田首相(代表撮影・共同)

 岸田文雄首相は訪問先のニューヨークで22日に開いた記者会見で「為替市場の過度な変動に対しては(今後も)断固として必要な対応を取る」と述べた。政府、日銀が22日に円買い為替介入を行った理由については「投機による過度な変動が繰り返されることは、決して見逃すことができない」と説明した。

 岸田氏は「為替は安定的に推移することが重要だ」とも強調し、市場動向を引き続き注視していくと語った。

© 一般社団法人共同通信社