アロンソの移籍に元チームメイトのマッサが疑問符。競争力のないマシンでは「チームと争うことになりかねない」

 元F1ドライバーのフェリペ・マッサは、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1との契約を結んだことに疑問を呈し、状況次第では彼がアストンマーティンに「問題」を引き起こすと指摘した。

 8月1日、アストンマーティンF1は数日前に引退を発表したセバスチャン・ベッテルに代わり、アロンソと2023年からの複数年契約を結んだことを発表した。

 世界中を驚かせたこの発表だが、イギリスの放送局『Sky Sports』の番組『Any Driven Monday』に出演したマッサにとって、この移籍は「不思議」だったという。

 2010年から2013年にかけてフェラーリでアロンソのチームメイトだったマッサは、「彼(アロンソ)からは多くを学んだ。彼はF1で最高のドライバーのひとりだと僕は思っている」と語る一方、この移籍がアロンソにもたらす意味については疑問を呈した。

「アストンマーティンと契約するという決定を聞いたときは、少し不思議な感じがしたよ」

「アストンマーティンはフェルナンドがいることで得るものがたくさんあると思う。でも、フェルナンドがアストンマーティンにいることで得るものが多いかどうかは、僕にはわからない」

 この移籍撃の背景には、アロンソが望んだ複数年契約をアルピーヌが提示できなかったことがあると言われている。しかし、それでも彼が現状でコンストラクターズ4番手のチームから9番手のチームに移籍する決断をしたことは、マッサにとって驚きだったようだ。

2022年F1第16戦イタリアGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 さらにマッサによれば、チームの競争力以外でもアロンソの移籍には懸念事項があるという。アロンソの能力を認めるマッサだが、チームメイトとの関係という面で彼には問題がある指摘する。

「唯一の問題は、彼がチームを分断させることだ。彼と一緒に仕事をしたり、話したりすることに問題はなかったが、彼はいつも自分の側にすべてを置いて、チームを真ん中で分断してしまう傾向があるんだ」

 アロンソは2007年のマクラーレン・メルセデス在籍時に、当時新人でありながら彼を脅かす速さを見せたルイス・ハミルトンと確執を起こし、複数年契約を破棄してチームを去った過去がある。マッサ自身もまた、アロンソを優先するフェラーリによって、当時禁止されていたチームオーダーとも取れる指示を言い渡された苦い経験がある。

 マッサいわく自分中心のチームを求めるというアロンソだが、アストンマーティンでは「チームを分裂させる」ような振る舞いをすることは難しい。アストンマーティンでチームメイトとなるランス・ストロールはチームオーナーであるローレンスの息子だからだ。

 マッサはこうしたアロンソの性格上、もしアストンマーティンで結果を残せなければ、彼の移籍はチームに「問題」を可能性があると指摘した。

2022年F1第16戦イタリアGPに訪れたフラビオ・ブリアトーレ/モナコ公国アルベール2世/フェリペ・マッサ
2010~2013年までフェラーリでチームメイトだったフェリペ・マッサとフェルナンド・アロンソ

© 株式会社サンズ