スカイラインGT-Rの26歳女性オーナーはバイクにも「ドハマり」 ホンダの名車2台持ち

なつこさんはホンダNSRをクールに乗りこなす【写真:なつこさん提供】

「やっぱり2ストはいいですよ」 週2でツーリング

日産スカイラインGT-R(R34型)とSUBARU WRX S4の2台を乗りこなす女性オーナーのなつこさん(26)は、“バイク女子”でもある。しかも、ホンダNSRとCBR(いずれも250CC)の2台持ちだから驚きだ。名車バイクをめでる、なつこさんの情熱に迫った。

3年前、2017年式のWRXの購入を皮切りに、その半年後に01年式のGT-R R34をゲット。一生懸命働いて貯めたお金で、2台とも現金一括購入した。もともと「頭文字D」や「ワイルド・スピード」のファンで、いつか自慢のスポーツカーでサーキットを走ることを夢見ている。

バイクに興味を示したのは、最近のこと。「友達と一緒に免許取ろうよ、という話になって、去年の秋に普通自動二輪免許を取得しました。ちょっと悩みはありました。もしけがをしたらミッションを運転できないかも…と車の運転への不安もあったのですが、別の友達からも『取るだけ取ってみたら』と背中を押してもらいました」。

行動派だけに、免許取得前からアクティブに動いていた。1992年式のNSRを先行して買ったのだ。「母からバイクに乗ることを反対されたのですが、中古市場で人気なので『値段が上がったら売ります』と言ってなんとか説得しました」。何よりも車好きで、GT-R R34で山道を駆ることが大好き。バイクはたしなむ程度で考えていたという。ところが、「自分自身も最初はちょっと乗れればいいかな、ぐらいに考えていました。旧車はずっと乗っていないとエンジンがかからなくなったり、不調をきたしてしまいます。それでNSRにちょこちょこ乗っているうちに、ドハマりしっちゃったんです(笑)」。サーキットを走ることを視野に入れて、14年式のCBRも購入し、こちらは保管している。もっぱらNSRを乗りこなしており、バイクは週2でツーリングに出かけているという。

車とバイクの違い。それは「バイクは身1つなので、より風を感じられると言いますか、体感速度が車と違うんです。より速くスピードを感じます」とのことだ。149センチと小柄ながら、さっそうとバイクで駆け抜ける。サーキットデビューを目標に掲げており、「まだまだ運転は下手なので、もっともっと練習して、安全なサーキットから走ってみようかなと思っています。将来的に欲しいバイクですか? やっぱり2ストはいいですよ。NSRをもう2、3台買いたいな」と声を弾ませた。ENCOUNT編集部

© 株式会社Creative2