武知海青、プロレスラー役を演じてみて“プロレス技”に芸術性を感じた!

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」で、関口メンディー主演のABEMAオリジナル連続ドラマ『覆面D』が、2022年10月15日(土)夜10時から全8話で放送される。

ドラマには、THE RAMPAGEで活躍する武知海青も、プロレス団体BBTの人気トップレスラー・ハオウ役で出演する。ジェイタメ編集部ではドラマ初出演となる武知を直撃し、いろいろ聞いてみた。

――プロレス団体 BBTの人気トップレスラー・ハオウ役ということですが改めて意気込みを聞かせてください
団体のトップレスラーということで、トップを走り続けている人の気持ちであったり、そこに至る経緯だとか、背負っている物が尋常じゃない、そういう役だと思うので、自分が負けることは団体が潰れる‥自分の負けだけで(団体の)色んな人が負けてしまうということで、自分の中で覚悟を決めて、“先頭に立っている人間”ということを意識しながら挑みました。LDHでいったらやっぱりHIROさんですよね。

――ドラマの中ですがトップレスラーになった気分は?
僕は基本チャレンジすることが好きで、どちらかというと挑戦者で、武知海青とすれば“挑戦者”の方が合ってるんですけど、やはりハオウ役というのはトップを走り続ける絶対王者なので、役作りしたときに初めて王者としての心構えを感じました。「王者ってこんなにもたくさんの人に期待されて、その期待に応えるのが当たり前で、プレッシャーがあって、なんか生きるのが辛い、そんな感覚にもなりました」。負けられない、勝ちしか許されない‥そんな中、最後の闘いで区切りをつけハオウとしても、プロレスラーとしても道を歩んでいくんです。

――フィニッシュ・ホールドは?
ここでは言えないのですが決め技はあります! その技を出す前にハオウは決める気満々でフィニッシュ・ポーズをします。ドラマでは、そのポーズをしたとき大歓声があがって試合が終わるんです。

――THE RAMPAGEのメンバーじゃなかったらレスラーへの道もあった?
僕は生まれ変わっても絶対ダンサーです。自分が生きてい行く中でダンスを取ったら自分じゃなくなるので、自分であり続ける為にはダンスがどうしても必要なのかなと思います。新しい人生を歩むとなっても武知海青で生まれたらどうしてもダンサーです。そこは譲れない物なのかなって個人的には思っています。

――例えば、ダンスと融合したまったく新しいプロレス団体をHIROさんが作るとなったら?
それは喜んで参加しますね(笑) この役をやっていてやっぱり楽しかったですし、技を受ける難しさ、技を作るにしてもどうしてもやる側と受ける側がいないと出来ないので‥一人でやっても只の空振りで終わってしまってかっこ良くないので、そういった中での芸術性は感じていたので、自分も真剣にやってみたいなって気持ちは正直あります。

――筋肉凄いですね特に肩が! トレーニングはどのくらいやっているのですか?
最近は、ありがたい事に色んなお仕事をいただいてまして、ゴツくても自分のキャラとしては成立するんですけど、やはり求められるキャラであったり、作り上げていかなければならいキャラがあるので、トレーニングをずっとしてればそれに近づけるかって言ったらそうではないので、自分が(トレーニング)したくてもあえて制御してる状況です。もう筋肉は、ある程度付いたので、ここからは削っていく作業です。
削って、削ってどの自分をファンの方が一番認めてくれるか、また自分のパフォーマンス能力が向上するのか見極めているところです。今、トレーニングは運動機能の向上、伝導率を落とさないように毎週やるようにしています。

――ドラマで武知さんの活躍を楽しみにしているファンの方へメッセージください
いつも応援していただきありがとうございます。初めてのドラマで、しかも自分が思い描いたようなトップを走り続ける人間を演じさせていただいているので、普段は挑戦者として努力してますが、ハオウ役を通じて初めてトップでいる為の心構え、覚悟、責任といろいろな事を感じて僕自身が学んでいます。ドラマを通じてたくさんの社会問題にも取り組んでいます、困難を乗り越えて人間は成長できるのかな!?って部分も描いてますので、メンディーさん演じる大地大輔が負けずに困難に立ち向かっていく姿に注目してください。同時に僕自身、役者としてもプロレスラーとしても様々に可能性を広げられたかなと思うので武知海青にも是非期待して頂けたらと思います。

■ABEMA『覆面D』番組概要
初回放送日:2022年10月15日(土)夜10時~

*このサイン色紙をジェイタメ読者1名にプレゼントします。応募の後ほどジェイタメ公式Twitterで発表。(転売目的の方は応募できません)
【注意】
ジェイタメ編集部を名乗り偽アカウントから「読者プレゼント当選」という趣旨の詐欺メッセージが届く事例が確認されています。
当選の際、クレジットカードなどの登録を求めることは絶対にありません。
また、ジェイタメ編集部のアカウントは @jtamestaff のみです。(末尾に数字など入っていません)

https://www.instagram.com/kaisei_takechi_official/

© 株式会社ジェイプレス社