「本当に申し訳ない」和田が150勝ならず 5回で降板、先制2ラン被弾悔やむ

◆ソフトバンク-ロッテ(23日、ペイペイドーム)

NPB通算150勝をかけて先発したソフトバンクの和田は5回2失点で降板し、勝敗はつかなかった。

4回2死一塁から安田に初球のスライダーを右中間席に運ばれ、先制2ランを許した。「ホームランを打たれてはいけない場面で打たれてしまった。先制点が試合に与える影響は十分理解していたので、あの場面はどんな形であっても無失点で終わりたかった。本当に申し訳ない」と悔やんだ。

© 株式会社西日本新聞社