都城の100人含む558人新たに感染 1人死亡 新型コロナ・宮崎23日発表

 宮崎県は23日、新型コロナウイルスの感染者558人を新たに確認したと発表した。コロナ治療中の70代1人が亡くなったことも明らかにした。基礎疾患があり、ワクチンは2回接種。死者の累計は354人。

 新規感染者は都城市100人、小林市15人、三股町11人、えびの市と鹿児島県がそれぞれ2人。宮崎県内累計は19万2698人。

© 株式会社南日本新聞社