「熊本城が大好きなカップルの話」熊本市の遊木さん1位 熊本城まんがコンテスト

 熊本城をテーマにした短編漫画賞「熊本城まんがコンテスト」の審査会が22日、熊本市中央区の熊本日日新聞社であり、遊木哉吉[ゆうきなりよし]さん(36)=熊本市中央区=の「熊本城が大好きなカップルの話」が1位に選ばれた。2位以下の入賞7作品も決まった。

 コンテストは、漫画を通して熊本城の魅力を創出する狙い。「マンガ県くまもと」を目指す産官学連携の動きが2021年にスタートしたのに合わせ、熊日が19年から取り組む熊本城復興支援キャンペーンで初めて企画した。

 遊木さんの受賞作は、都会に住む熊本出身の女性が母親と「熊本城が」「なくなる」と電話で話しているのを聞いた恋人の男性が、「なくなる前に見に行こう」と提案して始まる8㌻の短編。熊本城の作画力や興味を引くストーリー展開が評価された。

 県内外から66点の応募があり、審査員長を漫画家の内田麻美氏、審査員を崇城大准教授の村井健太郎氏、熊本コアミックス社長の持田修一氏が務めた。1位の作品はタブロイド判で印刷され、熊本城などの観光地で配布される。(熊川果穂)

 2位以下は次の通り(敬称略)。

 2位 おち▽3位 花岡佳祐▽特別賞 田中麻紀▽入賞 カンミヤ記念日、徳永浩太郎、水野みろく、かくらみのり

1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」
1位に選ばれた遊木哉吉さんの「熊本城が大好きなカップルの話」

© 株式会社熊本日日新聞社