NY原油、8カ月ぶり安値 金は2年5カ月ぶり水準

 【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク原油先物相場は大幅反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の11月渡しが前日比4.75ドル安の1バレル=78.74ドルで取引を終えた。終値としては1月以来、約8カ月ぶりの安値。

 米連邦準備制度理事会(FRB)などの主要中央銀行による大幅利上げが世界的な景気後退を招き、エネルギー需要が減るとの懸念が強まって売り注文が膨らんだ。

 一方、23日のニューヨーク金先物相場は反落し、12月渡しが前日比25.50ドル安の1オンス=1655.60ドルと中心限月の終値としては2020年4月以来、約2年5カ月ぶりの安値。

© 一般社団法人共同通信社