東海道新幹線のぞみ、ひかりが運転再開 大雨影響で一時運休、JR東海

 JR東海は9月24日、大雨の影響で東海道新幹線ののぞみとひかりを同日正午ごろまで運休すると明らかにした。こだまは東京―三島(静岡県)間、名古屋―新大阪間で1時間に1、2本程度で折り返し運転する。

⇒台風15号の最新情報

 また、中部電力によると同日午前6時現在、静岡市や浜松市など静岡県内の約10万戸で停電が発生している。

  ×  ×  ×

 JR東海は24日正午ごろ、台風15号に伴う大雨の影響で運休していた東海道新幹線ののぞみとひかりの運転を順次再開した。同日午後1時現在、東京ー新大阪間で遅れがでている。また、一部の列車で東京駅ー三島駅間、名古屋駅ー新大阪駅間で折り返し運転を行っている。

© 株式会社福井新聞社