10月9日は「トラックの日」 県トラック協会 交通安全呼びかけ

 県トラック協会は24日、トラック輸送の重要性や交通安全を呼び掛ける啓発活動を奈良警察署と行いました。

 全日本トラック協会と47都道府県のトラック協会では10月9日を「トラックの日」とし、トラックの役割や重要性をアピールしています。また、県トラック協会では「秋の交通安全県民運動」の期間中、県と奈良警察署とともに啓発活動に取り組んでいます。
 24日は協会の会員らが近鉄奈良駅前で啓発グッズを配り、トラック輸送の役割をPRするとともに、飲酒運転の根絶などを呼びかけました。奈良県トラック協会会長の塚本哲夫さんは「我々トラック運転手は公道を走りながら仕事をしているという立場上、事故防止への取り組みというのはある意味必然ということと思いますので、こつこつと取り組んでこの事業は続けていきたいと思っています。」と話しました。

© 奈良テレビ放送株式会社