自宅療養者用の配食にカビ、大阪 健康被害なし

 大阪府は24日、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者用に配った米のパックからカビが見つかったと発表した。療養者に健康被害は確認されていない。配食業者の佐川グローバルロジスティクス(東京)が回収や原因の特定を進める。

 府によると、23日に配食を受けた療養者から、開封した1食分の米にカビが生えていると連絡があり、業者も確認した。

 業者が調査した在庫分には異常はなかった。19~23日に配食した数千件分について、療養者に連絡を取り回収を進める他、製造業者にも状況を確認するという。24日以降は米の配食を見合わせ、麺などで代替する。

© 一般社団法人共同通信社