【写真蔵】スバルの新型クロスオーバーSUV「クロストレック」は2023年以降に日本デビュー予定

2022年9月15日、スバルは新型クロスオーバーSUVの「クロストレック」を世界初公開した。2023年以降に日本を皮切りに世界各国へ導入予定だが、まずはプロトタイプの写真でディテールを紹介しよう。

XVからクロストレックへ。新世代アイサイトも採用

クロストレックは、XVの輸出仕様の名称だった。今回、XVのフルモデルチェンジを機に、グローバルで車名をクロストレックに統一した。ちなみに、クロストレックとはクロスオーバーとトレッキングをかけ合わせた造語だという。

サイズ的には現行型のXVとほとんど変わらないが、クロスオーバーSUVとして見るだけで愉しくなるデザインを狙ったという。厚みのあるフードはたくましさを感じさせ、グリルバーやLEDヘッドランプが軽快かつ精悍なフロントマスクを形成している。クラッディングエリアを拡大したサイドビューや、絞り込んでフェンダーの張り出しを強調したリアビューも特徴的だ。

インテリアの基本デザインは、大型のセンターインフォメーションディスプレイをセンターダッシュに配した、最近のスバル車共通のインターフェースを採用している。室内空間やラゲッジスペースは、現行型と同様の広さを確保しているという。

現在発表されている日本仕様のパワーユニットは、2L 水平対向4気筒DOHCにモーターを組み合わせたハイブリッド「eボクサー」で、リニアトロニックCVTを介してフルタイムで4輪を駆動する。安全装備では広角単眼カメラを採用した新世代アイサイトやデジタルマルチビューモニターなど、コネクティッドサービスではスバル スターリンクなど、グレードによるが充実されている。

日本では あたりが最大のライバルになるだろう。 ** の登場が予定されているし、このクラスのクロスオーバーSUV市場も、ますます活気を呈していきそうだ。

■スバル クロストレック(プロトタイプ) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4480×1800×1580mm
(ルーフレールとシャークフィンアンテナなしの全高は1550mm)
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1540〜1620kg
●エンジン:水平対向4 DOHC+モーター(eボクサー)
●総排気量:1995cc
●トランスミッション:リニアトロニックCVT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●タイヤサイズ:225/60R17 または 225/55R18(グレードによる)

© 株式会社モーターマガジン社