全戸防音のゲーミングマンションからヤマハの組立式防音室まで、配信者やゲーマー向けの防音対策

全戸防音のゲーミングマンションからヤマハの組立式防音室まで、配信者やゲーマー向けの防音対策

9月15日~18日まで開催された「東京ゲームショウ2022」。新作タイトルやVR、日本での発売が待たれるSteam Deckなど注目の目白押しでしたが、3年ぶりのリアル開催となった本イベントで注目したいのは「防音対策」です。

近年のゲームショウでは、ゲーミングチェアやデスクをはじめとした家具の出展数増加が目立っていました。今年は家具だけでなく、住環境の問題を解決するサービスの出展が増えています。

ゲームを遊んでいる時に最も気になるのは「防音性の悪さ」

コロナ禍をきっかけに、「エーペックスレジェンズ」「VALORANT」などのチームを組んでバトルするFPSゲームや、「Among Us」「Fall Guys」などの友だちとわいわい楽しむゲームをプレイする人たちが増えました。

その他のゲームでも、複数人で楽しむゲームはDiscordなどを利用したボイスチャットが当たり前となってきています。さらに、ゲームプレイを配信するストリーマーも増えました。

ゲームはひとりでプレイするよりも、チームを組んだり、友だちとわいわい楽しんだり、配信をしたりしながら楽しめるものが増えているからこそ、新たな課題となっているのが自宅の「防音」です。

ゲーム周辺機器を企画・販売するMSYのゲーミングブランド「GRAPHT(グラフト)」が中・上級者のゲーマー向けに実施した調査によると、「PCゲームをプレイしているときに、最も気になる点を教えてください」という質問に対しての一位が「防音性が悪い」とのこと。

ゲームショウでは、この課題に対していくつかのサービスが課題解決を提案しています。その中の1つ、「BASE GRAPHT」は空間プロデュースと空間レンタルにより、自宅のゲーム環境の問題を解決へ導くという新サービスです。

空間プロデュースでは、プレイスタイルに合わせた理想のゲームルームをつくるためのノウハウなどをサイトで公開(予定)。また、理想の部屋に近づけるために必要なデバイスや、吸音・防音・消音アイテムの販売、プロレベルのネットワーク環境の提案などを提供します。

__関連記事:
今度は『ゲーミング賃貸物件』登場。GRAPHTが機器レンタルや理想のゲーム環境作りサポートも__

空間レンタルでは、GRAPHTプロデュースによる賃貸物件や、ゲーミング仕様のコンテナ「ゲームストリーミングコンテナスタジオ」のレンタルなども予定されています。

2023年1月には、東京都杉並区下高井戸に1LDK約40坪となるゲーミングルームの賃貸物件の入居募集を開始。この物件はゲーマー向けに完全リフォームされており、家具、電動ベッド、ゲーミングPC、ゲーミングデバイス、通信環境、ネットワーク環境、ライティングなどを完備。引っ越し当日からゲームができることを売りにしています。

一方、ミュージシャン向けに楽器演奏が24時間できる防音賃貸マンションを手掛けている「ミュージション」は、ゲーマーや配信者向けに「ゲーミングマンション」を訴求していました。

ピアノを弾いたり、トランペットを吹いたりしても隣の部屋に聞こえないほどの防音性を誇るミュージション。これまで楽器を演奏する人向けに賃貸物件を展開していましたが、ここ数年でゲーマーや配信者の問い合わせが一気に増えたそうです。

▲ミュージションHPより

そこで、2021年に「ミュージション品川中延」の一部住戸にゲーマーやYouTuber向けの部屋をリリース。最大10Gbpsのインターネット設備(NTT東日本提供「フレッツ光クロス」)を設置し、撮影時に使いやすい可動式スポットライトや、背景を自由に付け替えられる用にピクチャーレールを配備したところ、大好評だったとのこと。

2022年11月には、同じく最大10Gbpsのインターネットが導入された、全戸防音のゲーミングマンションがオープン予定です。

__参考:
ミュージションプラス浅草 (東京都台東区) | Musision (ミュージション)__

ヤマハは、組み立て式の防音室「セフィーネNS」を展示していました。セフィーネNSは元々楽器用につくられた防音室で、最大Dr -40の遮音性能を誇ります(簡単に説明するとDrとは音を何dB遮断するかの指標のこと)。また、音の響きも楽器用に調整されているため、響きすぎたりこもりすぎたりせず自然な響きで配信ができると言います。

東京ゲームショウでは、ゲーム配信者の関優太さんの配信環境が再現されていました。

▲セフィーネNSは0.8畳から4.3畳の 9タイプ展開。関裕太さんは2.5畳を使用しているそう

なお、今年の東京ゲームショウでは、GRAPHT、ミュージション、ヤマハに加えて、NITORIとIKEA(ASUSのブースにて)がゲーミング家具を提案していました。新作ゲームやハードのお披露目・体験の場から、ゲームをプレイする環境にまで幅が広がった東京ゲームショウ。2023年もきっとリアル開催されると思うので、どんなトレンドが生まれるのか楽しみです。

自分の声を漏らさず音声チャットしたり叫ぶソリューションにはこんなものもあります。

声が漏れないマスク型Bluetoothマイク「mutalk」発売。電話会議や深夜の音声チャット向け | TechnoEdge テクノエッジ

© TechnoEgde