【試乗】フォルクスワーゲンTロック「進化したベストセラーSUV」

欧州発表からわずか4年で全世界累計販売台数が100万台を超えたクロスオーバー SUVのTロック。国内でもインポートSUVで2位という人気モデルだ。そのマイナーチェンジしたTロックの進化を見る。(Motor Magazine2022年10月号より)

エクステリアには大きな変更はないのだけれど・・・

同じフォルクスワーゲンのラインナップの中でも、ゴルフやポロといった「ビッグネーム」に比べると率直なところその知名度ではまだ及んでいない部分もあるかも知れないが、実際にはデビュー後わずか4年で世界での累計販売台数が100万台を突破したというトップセラーモデルであり、日本でも2021年の登録台数が弟分の『Tクロス』に次ぐ輸入SUVカテゴリーでのナンバー2という記録を達成したというのが『Tロック』というモデル。

TSIスタイルに搭載される1.5L TSI Evoエンジンは7速DSGトランスミッションを組み合わせ気持ちのよい走りを実現。

ここで紹介するのは、そのマイナーチェンジが施された最新バージョン。Tロックの日本初導入は2020年の7月で、そこからカウントすると異例に早いタイミングとも受け取られそうだが、実は欧州デビューは2017年の夏。すなわち、すでに丸5年が経過しているということで、モデルライフ半ばでのリファインとしては納得のタイミングとも言えそうだ。

もっともこれまでも好評を博してきたモデルゆえ、一見の印象に大きな変化を伴うような手は講じられていない。実際、新モデルでのエクステリアに纏わるニュースは、前後バンパーの意匠変更やグリル中央のVWエンブレムを挟む水平のLEDストリップ、ヘッドライト形状、デイタイムランニングライト形状の変更などが加えられた程度。もちろん、従来型Tロックオーナーならばそれらも目ざとく見つけるだろうが、そこには大きく悔しがるほどの差はないと言っても良さそうだ。

大幅なクオリティアップに驚かされるインテリア

一方、こちらは一見で大幅リファインを実感させられるのが、インテリア各部の意匠変更と質感の向上。とくに目を引くのが、これまでダッシュボード中央にビルトインされていたディスプレイ。9.2インチと、より大画面化されてタブレット端末を立てかけたようなレイアウトへと変更された。またセンターパネル部の空調スイッチ類が、平面パネルをタッチ操作する方式に改められつつその数を減らしていること。

中央には9.2インチのモニターを配置、純正インフォテインメントシステムのDiscover Proを採用。

もっとも、今回の試乗時にそれに触れると、従来型のダイヤル式の方がブラインド操作が可能で、空調吹き出し口も下方へと移動した新型よりも、高い位置にあった従来型の方がよりフェイスレベルの空気の流れを得られて好ましかったという印象も受けた。このあたりは好みの問題ということだろうか。

質感の向上はインテリア全般に及ぶ。これまでダッシュボード全面がハードパッド構成であるなど、コスト低減への腐心も意識された部分には、一部にステッチを施したソフトパッドが採用されるなどでTクロスに対する差別化も実現。それでも全体の雰囲気は上質さが顕著というまでには至らないのだが、時にチープな感触も伴うことがあった従来型のテイストに明確な差をもった仕上げとなったことには間違いない。

予防安全装備面のアップデートも今回のマイナーチェンジでの見逃せない部分。「トラベルアシスト」という同一車線内での全車速運転支援システムや、同様に「エマージェンシーアシスト」と呼ばれる緊急時停車支援システムなどの新装備を、エントリーグレードから標準装備化したことなどは大きなトピックだ。

ハイパフォーマンスモデルの「R」グレードも導入予定

しかし今回、最大のニュースと言えるのは、すでに欧州市場向けにはラインナップされていた『R』のグレードが、日本向けにも加わることになったということだ。確かに、300psと別格の最高出力を発するターボ付きの2L直噴ガソリンエンジンを搭載し、それをシリーズ唯一の4WDシャシと組み合わせるこのグレードの走りは注目の的。残念ながらこちらはまだテストドライブの準備が整わなかったが、これは一刻も早く試してみたい一台だ。

ボディカラーは8色、ルーフカラーはブラックとホワイトから選べる2トーンカラー。サイドモールやルーフレールなど各所にクロームを採用し、ラグジュアリー感を演出。

今回試乗したのは『TSIスタイル』で、もっともベーシックなグレードである『TSIアクティブ』に対し、リアビューカメラやLEDマトリックスヘッドライト、パワーテールゲートやインテリアアンビエントライトなどを標準装備したモデルである。パワートレーンは1.5Lのターボ付き直噴4気筒ガソリンエンジンを搭載し、前2輪を駆動する。

ランニングコンポーネンツに関しては従来型からの変更点はアナウンスされておらず、実際その走りのテイストに明確な違いは見いだせなかったが、相変わらずフォルクスワーゲンの作品らしいやや硬質かつ質実剛健とした走りの感触は健在だ。

直接比べれば、より設計の新しいゴルフ8にしなやかな乗り味やそつのないインテリアの雰囲気といった点でやや先行を許す印象こそあるのは否定できないものの、動力性能にしろフットワークのテイストにしろ、全般には「ゴルフのSUV」と受け取られても問題のないポテンシャルを発揮してくれたのがこの「Tロック TSIスタイル」の仕上がりでもあったのだ。

さすがに輸入SUVでトップレベルの販売力を示すだけのことはある実力車。改めて、そんな印象を新たにしたのがTロックというモデルなのである。(文:河村康彦/写真:佐藤正巳)

フォルクスワーゲンTロック TSIスタイル 主要諸元

●全長×全幅×全高:4250×1825×1590mm
●ホイールベース:2590mm
●車両重量:1320kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1497cc
●最高出力:110kW(150ps)/5000-6000rpm
●最大トルク:250Nm/1500-3500rpm
●トランスミッション:7速DCT(DSG)
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・50L
●WLTCモード燃費:15.5km/L
●タイヤサイズ:215/55R17
●車両価格(税込):417万9000円

© 株式会社モーターマガジン社