臼杵石仏の「美仏内閣」本格始動 PR事業、第1弾は相性マッチング診断【大分県】

PR事業の第1弾として臼杵市観光協会のホームページでスタートした「美仏内閣マッチング診断」の画面
「第1次美仏内閣」の本格始動に当たり、PR事業を展開=臼杵市役所

 【臼杵】臼杵市観光協会は、国宝臼杵石仏(同市深田)の魅力を発信する「第1次美仏(びぼとけ)内閣PR事業」を推進している。同所の磨崖仏9体で構成する「美仏内閣」にスポットを当て、各石仏の持つ意味やエピソードに触れることで臼杵石仏を深く理解してもらう狙い。相性のマッチング診断や音声ガイドなど三つの企画を順次、展開していく。

 2019年に約11万人だった臼杵石仏の来場者は21年、コロナ禍により約4万人にまで落ち込んだ。同協会は昨年度、来場者の回復を目的にお気に入りの「推し仏」に投票してもらう「美仏総選挙」を実施。結果を基に、9体を各国務大臣に見立てた第1次美仏内閣を発足させた。本年度、内閣が本格始動するのに当たり同事業を計画した。

 第1弾は9日から始まった「美仏内閣マッチング診断」。同協会のホームページ(HP)で、提示される六つの質問に答えると相性ぴったりの石仏を教えてくれる。診断結果のページには心に寄り添う仏様の一言も添えられる。

 HPから診断書をダウンロードできる他、ツイッターで同協会をフォローし「#臼杵石仏美仏診断」と入力してツイートすると、抽選で50人にオリジナルグッズなどが当たる。

 第2弾は石仏や臼杵市に関する問題に挑戦する「美仏内閣クロスワード」(10月から・臼杵石仏一帯)、第3弾は人気声優の小野大輔さんがナビゲーターを務める「美仏内閣音声ガイド」(11月から・同)を予定している。

 同協会は「いずれも幅広い世代が楽しめる企画。臼杵石仏の魅力をより多くの人に知ってもらいたい」と呼びかけている。

 問い合わせは同協会(0972.64.7130)。

© 有限会社大分合同新聞社