よりシャープなデザインに進化した新型『BMW 3シリーズ』のセダン/ツーリングが登場

 メルセデスの『Cクラス』などと並び、プレミアムDセグメントサルーンの“メートル原器”に位置付けられる『BMW 3シリーズ』のセダンとツーリング両モデルが、よりシャープかつモダンなデザインへと進化を遂げて上陸。すでに実績ある日本初認可のハンズオフ機能等、充実した安全機能・運転支援システムも搭載し、9月20日より発売開始となっている。

 2019年に登場した7代目もいよいよモデルライフ中期に差し掛かり、機能面での最新アップデートに加えて、エクステリアもBMWの新たなデザイン言語に則した姿へと変貌を遂げた。

 デイタイムランニングライト(DRL)機能を有する最新のLEDヘッドライトは、よりシャープな印象のグラフィックとなり、BMW伝統のキドニーグリルはダブルバーを採用、そしてフロントエプロンのワイド化により、さらにパワフルかつ印象的なマスクが与えられた。

 一方のリヤコンビネーションライトもより細く水平なラインとし、テールパイプ径を90mmまたは100mmとすることで、こちらも力強い後ろ姿を強調する。

 そうした外観の進化に伴い、こちらもアップデートを遂げたインテリアは、12.3インチのメーターパネルと14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させたBMW最新の“カーブド・ディスプレイ”を採用し、優れた視認性と高い操作性を実現。さらにセンターコンソールに存在してきたトランスミッションのシフトレバーを廃止し、BMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせ、よりモダンな印象が与えられている。

リヤコンビネーションライトもより細く水平なラインとし、テールパイプ径を90mmまたは100mmとすることで、こちらも力強い後ろ姿を強調する
ツーリングのラゲッジも、通常時の約500Lから最大1510Lまで、クラス最高水準の容量を誇る

■トップグレードには387PSを発揮する3リッター直列6気筒ターボを搭載

 これにより、全グレードでパドルシフトが標準装備化されたモデル体系は、最高出力115kW(約156PS)/4500rpm、最大トルク250Nm/1300-4300rpmを発生する2リッター直列4気筒直噴ターボを搭載した『318i』をボトムに、同135kW(約185PS)/300Nmの『320i』、そして140kW(約190PS)/400Nmのクリーンディーゼル搭載モデル『320d』など、おなじみのラインアップが用意される。

 そしてトップグレードたる『M340i xDrive』では、最高出力285kW(約387PS)/5800rpm、最大トルク500Nm/1800-5000rpmを発生する3リッター直列6気筒直噴ターボに、独自の4輪駆動制御xDriveを組み合わせ、セダンのみプラグインハイブリッドの『330e Mスポーツ』も用意される。

 また、BMWの全ラインアップで拡充が進められてきた高性能3眼カメラ&レーダーと、高性能プロセッサーによる高い解析能力を有す最先端運転支援システムも最新世代へと刷新。高速道路での渋滞時においては、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム“ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能”により、一定の条件下においてステアリングから手を離しての走行が可能な機能も全車標準で装備している。

 すでにこの9月下旬よりデリバリーが開始され、セダンモデルの価格は548万〜1040万円、同じくツーリングが627万~1067万円(ともに税込)となっている。

BMW最新の“カーブドディスプレイ”導入に加え、シフトレバーが廃止されることに
セダンモデルの価格は548万〜1040万円、同じくツーリングが627万~1067万円(ともに税込)となっている

BMW カスタマー・インタラクション・センター:フリーダイヤル:0120-269-437
BMW インターネット・ウェブサイト:http://www.bmw.co.jp

© 株式会社サンズ