安倍元総理の国葬 静岡県内は各地で半旗を掲揚 国葬中止を訴えるデモも

27日午後執り行われた安倍元総理の国葬。静岡県内でも半旗が掲げられる一方、抗議活動も行われました。

午後、日本武道館で執り行われた安倍元総理の国葬。国内外から4300人が参列しました。

原川朋華記者:「浜松市役所でも安倍元総理への弔意として、半旗が掲げられています」

浜松市では市役所や区役所のほか協働センターなど市内65カ所で、27日朝から半旗が掲揚されました。このほか県庁や富士宮市などでも半旗が掲げられています。県内からは浜松市の鈴木康友市長らが国葬に参列。静岡市の田辺信宏市長は台風15号の災害対応のため参列を見送りました。
一方、JR浜松駅前では午前から、市内の有志らがプラカードなどを掲げ国葬の中止を訴えました。また午後にも50人規模の反対のデモが行われ、県内でも賛否が分かれたままの国葬となりました。

© 静岡朝日テレビ