菊地凛子が北海道知事役で『PICU 小児集中治療室』出演!

『PICU 小児集中治療室』に、菊地凛子さんが出演します。

10月期のフジテレビ月9ドラマとして、吉沢亮さん主演のメディカル・ヒューマンドラマ『PICU 小児集中治療室』(読み:ピーアイシーユー)が放送されます。

<吉沢亮 10月期月9に初主演!初の医師役「未熟さ、葛藤などを丁寧に」>

PICUとは、Pediatric Intensive Care Unitの略称で、小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされる、およそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”です。

今作の舞台は、北海道。広大ゆえ「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われるこの地で、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(しこた・たけしろう/吉沢亮)が、先輩医師とともに、PICU科長・植野元(うえの・はじめ/安田顕)ら先輩医師とどんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描きます。

北海道にPICUを設立するべく尽力する知事

菊地さんが演じるのは、ある少女の死をきっかけに、北海道にPICUを設立するべく尽力する北海道知事・鮫島立希(さめじま・たつき)。

鮫島は、38歳の若さにして抜群の行動力と率先力で北海道を住みやすい街にするため尽力しています。

3年前に北海道で起きたある少女の死をきっかけに、「もう二度とこのような悲劇が起きないように」と、PICUの必要性を問い続けています。

東京にいる植野に直談判し、植野が提示した“ある1つの条件”をのんで何とか計画はスタート。

3年にわたる準備期間を経て、ようやく丘珠病院にPICUが設立されますが、そこは圧倒的な人材不足で、患者を受け入れる体制ではありませんでした。

求人してもまったく集まらないのには、道内のほかの病院が丘珠病院のPICU設立に猛反発していることが原因だといいます。

それは、かつて植野が提示した“ある1つの条件”が引き金になっているようで…。

3年越しの夢が実現してもなお、PICUにはまだまだ課題が山積。

それでも鮫島の信念は揺らぐことなく、「北海道は素晴らしい場所です。だから、ここに住んでいる子どもが、北海道が広いから、札幌が遠いから、そんな理由で命を落とすことがあってはならないことなんです」と訴えます。

菊地さんは、月9ドラマ初出演。フジテレビの連続ドラマには『LIAR GAME Season2』(2009-2010年)以来、12年ぶりの出演となります。

『PICU 小児集中治療室』は、10月10日(月)スタート(初回30分拡大)!毎週月曜21時より、フジテレビで放送されます。

<菊地凛子 コメント>

――台本を読んだ印象は?

子どもは、すべてにおいて希望だと思いました。その命を守りたいと奮闘するなかで、なかなか思うようにいかない長い道のりの戦いに、完全に心を持っていかれました。

なんと意義のある作品なんだろうと!!私も頑張りたい!と、強く思いました。

――撮影に臨むにあたり、どんなことを意識していますか?

月9に出演できるなんてうれし過ぎです!!キラキラなキャストのみなさんと、楽しいクルーのみなさんと、大好きな北海道を舞台に、撮影ができるなんて、感謝でいっぱいです!頑張ります!!

――視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

どうしましょう…私も、放送が楽しみです!!とっても温かいエネルギーのみなさんと作っております。

多くの人に、この作品の思いが届くといいいなと思っています。

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/PICU/

公式Twitter:https://twitter.com/PICU_cx

公式Instagram:https://www.instagram.com/picu_cx/

© 株式会社フジテレビジョン