予習復習、文系は短い? 学生の勉強時間、文科省調査

 文系学部に所属する大学生らが授業の予習復習に充てる勉強時間は、理系に比べて短い傾向にあることが28日、文部科学省の調査で分かった。週に6時間以上の予習復習をしている学生は、理学系で65.4%、工学系で62.8%に上るのに対し、人文科学系(文学など)は53.8%、社会科学系(法・経済など)は45.4%だった。

 「21世紀出生児縦断調査」の一環。今回は20歳になった約2万4千人分の回答を得て、予習復習の質問は学生ら約1万8千人分を集計した。

 予習復習が1時間未満の割合は、理学系7.4%、工学系8.4%、人文科学系は11.5%、社会科学系は14.9%に上った。

© 一般社団法人共同通信社