中国・アルゼンチン人文交流ハイレベルフォーラム、両国首脳がメッセージ

中国・アルゼンチン人文交流ハイレベルフォーラムが28日、北京で開幕しました。同フォーラムは「メディアの交流を深め、人民の幸せを共に支える」ことを主旨とし、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)とアルゼンチン公共メディア国務秘書弁公室が共同主催しています。

中国の習近平国家主席とアルゼンチンのフェルナンデス大統領は同フォーラムにそれぞれ祝賀メッセージを送りました。

習主席は、「今年は中国とアルゼンチンの国交樹立50周年で、両国の友好協力年でもある。これまでの50年間、両国関係は国際情勢の風雨を乗り越え、新興市場国と発展途上国との団結、協力、共同発展のモデルとなってきた。中国・アルゼンチン関係の急速な発展は、中国・ラテンアメリカ関係の活気あふれる成長の縮図だ。新時代における中国・ラテンアメリカ運命共同体、人類運命共同体の構築の推進に貢献することを期待している」と述べました。

フェルナンデス大統領は、「アルゼンチンと中国は手を携えて半世紀を歩んできた。両国がよりレベルの高い運命共同体を迎えることを信じている。両国が協力を深め、包括的戦略パートナーシップをさらに強化し、両国民の幸せ、世界の平和と発展により大きく寄与できるよう期待している」と述べました。(編集/藤井)

© 株式会社 Record China