女性の太もも触った疑いで逮捕 千葉県職員に停職3か月処分

女性の太もも触った疑いで逮捕 千葉県職員に停職3か月処分

 千葉県は9月29日、電車内で女性の体を触ったとして、21日に逮捕された男性職員を、停職3か月の懲戒処分としたと発表しました。

 29日付けで停職3か月の懲戒処分となったのは、県環境生活部の男性職員(57)です。

 県によりますと、男性職員は8月9日、JR常磐線の電車内で女性の太ももを触ったとして、茨城県の迷惑行為防止条例違反の疑いで9月21日、逮捕されました。

 男性職員は28日、接見した県の担当者の事情聴取に対し、「10分から20分程度、左手が女性の足に触れていた」と事実関係を認めました。

 その上で、「介護や通勤、仕事のストレスなどで思いつめていて、精神的な安らぎを得たかった」と話しているということです。

 男性職員は、欠員が出た場合などに採用する「臨時的任用職員」で、30日に任期を終えるため、県は29日付けで処分を行いました。

© 千葉テレビ放送株式会社