ユーラシア内陸部の同時代の最も整ったホモエレクトゥス頭骨化石を発見―中国

中国国家文物局が28日に開いた「考古中国」重要プロジェクト発表会によると、湖北鄖陽学堂梁子遺跡考古学活動に重要な進展があった。保存状態が比較的良好な古人類頭骨化石が見つかり、「鄖県人3号頭骨」と名付けられた。これはユーラシア内陸部で発見された、同時代のものとしては最も整ったホモエレクトゥス頭骨化石だ。新華社が伝えた。

湖北省十堰市鄖陽区に位置する学堂梁子遺跡は、前期旧石器時代の大型荒野遺跡だ。同遺跡からは1989年と90年に2点の古人類頭骨化石が相次いで出土した。年代が今からおよそ80万~110万年ほど前のホモエレクトゥスのもので、学術界から「鄖県人」と名付けられた。3号頭骨化石は上述した2点の頭骨化石の出土地点から約35メートル離れており、埋蔵環境、動物相、石器の技術的特徴がいずれも類似し、同時代のものと大まかに判断されたが、詳しくはさらに科学技術による年代測定による確認が必要だ。

専門家によると、鄖県人はホモエレクトゥスの進化のプロセスにおける重要な節目に当たる。3号頭骨はユーラシア内陸部で発見され、同時代のものとして最も整ったホモエレクトゥス頭骨化石で、ホモエレクトゥスの進化及び中国さらには東アジアでの起源・発展を検討するための重要な根拠となる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

© 株式会社 Record China