イブラヒモヴィッチが履いてた「NIKEエアジョーダン」を調べてみた

今月3日の誕生日で41歳になるミランのズラタン・イブラヒモヴィッチ。膝の手術を受けた彼は今季はまだプレーしておらず、復帰は来年以降になる見込みだ。

そのイブラがプライベートで履いていたスニーカーを見てみよう。

全身黒で統一した足元は、Nikeのエア ジョーダン 1 「Rebellionaire」。

1985年に誕生したエアジョーダン1が当初リーグから使用停止を宣告されるなど大きな物議を醸した。このモデルはその精神を体現したそうで、アッパー全体に特徴的なプリントが描かれている。

また、ここでは見えないが、ヒールに真っ赤な「X」マークが入っており、使用禁止となった伝説のシューズの誕生を称えているとのこと。

もうひとつがこちら。

これはちょっと分かりにくいが、エア ジョーダン 1 レトロ HIGH OG CO.JP Tokyoだろうか。

こちらは「2001年1月1日に2001足限定で日本でのみ発売された伝説のレトロカラーが復活。インソールにはCO.JPのロゴを配し、シュータンの内側のタグでは2000年代初頭のルーツを表現するなど、他にもさまざまなディテールが加えられている」とのこと。

【関連】ネイマールにエムバペ!PSG選手が履いてる「レアスニーカー」まとめ

イブラが日本モデルを履いているとしたら、ちょっと嬉しいかも?

© 株式会社コリー