来春の県議選には出馬せず 川口正志県議と和田恵治県議 今期限りで引退

  県議会議員の川口正志さんと和田恵治さんが2023年春の県議選に出馬せず、今期限りで引退する意向を表明しました。

 
 川口正志さんは御所市議会議員を2期務めた後、1979年の県議選で初当選し、現在11期目です。88歳の川口さんは、全国の都道府県議会議員の中の最高齢で、引退にあたり「いよいよ潔くしないといけない」と話す一方「複雑な気持ちである」と、胸の内を明かしました。同じく、引退を表明した和田恵治さんは、現在73歳。2011年の県議選で初当選し、現在3期目です。

和田さんは、持病のため引退を決めたといい「人権問題を中心に一生懸命やってきた」と、これまでの活動を振り返りました。

© 奈良テレビ放送株式会社