火災で救助、会社員男性に感謝状 母から「困ってる人いれば助けなさいと」

迅速な救出活動で人命を救い、感謝状を受け取る長谷川さん(滋賀県守山市石田町・湖南広域消防局北消防署)

 滋賀県守山市で7月に起きた民家2棟全焼火災で、湖南広域消防局北消防署は28日、住人の90代男性を避難させて命を救ったとして、現場近くに住む会社員長谷川健治さん(50)に感謝状を贈った。

 火災は7月31日午後9時45分ごろ、同市守山2丁目で発生。長谷川さんが火元の建物を見ると、民家2階の窓から真っ赤な炎が外に出ていて辺りは煙が充満していたという。

 近所の人と初期消火を行った後、長谷川さんは、火元の東隣の民家に耳が不自由な高齢男性が住み、無事が確認できていないとの情報を入手。住民と駆けつけ、一階で就寝中の男性を見つけ、背負って家の外に救出した。男性宅も全焼したが、火元の民家を含めて死傷者はなかった。

 同署で感謝状を受け取った長谷川さんは「母に幼少から『困っている人がいれば助けなさい』と育てられた。(救助は)一瞬ちゅうちょしたが、僕が行くのが一番早かった。日頃の近所付き合いが大事だと思った」と話した。

© 株式会社京都新聞社