『SPY×FAMILY』EDはyama新曲「色彩」 アーニャが笑い、踊るノンテロップ映像公開

テレビアニメ『SPY×FAMILY』第2クールのエンディング主題歌を歌唱するyama

テレビアニメ『SPY×FAMILY』第2クール(テレビ東京系/毎週土曜23時)初回となる第13話が本日放送され、ミュージシャンのyamaがエンディング主題歌を担当していることが明らかになった。併せて、本作エンディングのノンテロップ映像も公開された。

エンディングを歌唱するyamaは、2018年よりYoutubeをベースに活動をスタート。2020年4月にリリースした自身初のオリジナル楽曲「春を告げる」が、MV再生回数1億回、ストリーミングの累計再生回数3億回を突破するなど、SNSを中心にネット上で注目を集める。

エンディング主題歌「色彩」はアーティストのくじらが楽曲を書いており、自身初のオリジナル楽曲にして代表曲となった「春を告げる」から約2年ぶりにタッグが実現。10月2日より各サブスクリプションサイトにて配信スタートする。

公開されたノンテロップエンディングでは、ロイド、ヨル、アーニャのリビングでの談話、3人で作る料理、幸せそうな食卓など、yamaの新曲「色彩」にのせてそれぞれ裏の顔を持つフォージャー家の日常が映し出される。アーニャは食材をひっくり返して泣く、食卓でテンションが上がり踊り出す、悪そうな笑顔で黄昏(ロイド)の協力者フランキーと談笑するといった、さまざまな表情を見せている。

yamaは、「ロイド、アーニャ、ヨルの人生にそれぞれの物語があります。過酷な人生で腐らずに『大人』になっていくのは難しいことだと思います。しかし悲しみや不安を抱えることも間違いなく人生の彩りの一つであり、ありのままで自らが信じている方へ進んでほしいと想いながら歌っています」と、本作のエンディング主題歌「色彩」に込めた思いを明かす。

また、自身も原作・アニメを見た1人のファンだという。「物語に非日常と日常が混在している中で、何気ない日常の幸せが当たり前ではないという普段自分たちが見失いがちなことにも作品を通して気付かされるように思います。シリアスかと思いきや思わず笑ってしまったり、感動したり、ときめいたり、とにかく読んでいて元気づけられます」と、作品への感想をコメントしている。

本作は、集英社「少年ジャンプ+」(集英社)にて遠藤達哉が連載中、コミックスシリーズ累計発行部数2500万部を突破している同名漫画を原作としたテレビアニメ第2クール。すご腕スパイの〈黄昏(たそがれ)〉ことロイド・フォージャーが新たな任務のため、かりそめの家族と新生活を営む様子を描く。

テレビアニメ『SPY×FAMILY』は、テレビ東京ほかにて10月1日より毎週土曜23時放送。

© ブロードメディア株式会社