品川区長選が再選挙に 6候補、法定得票数届かず

 東京都品川区長選は2日投開票の結果、立候補した6人がいずれも法定得票数に達せず、公選法の規定に基づき再選挙が実施されることになった。区によると、2週間の異議申し出期間の後、50日以内に行われる。

 公選法の規定では、法定得票数は有効投票総数の4分の1。有効投票総数は11万3395で、最多得票だった無所属新人の元都議森沢恭子氏(43)も2万7759票にとどまり、当選に必要な2万8348.75票に達しなかった。投票率は35.22%だった。

© 一般社団法人共同通信社