『SHERLOCK』に幻のシーズン4第4話が存在するとファンが信じる理由とは?

ベネディクト・カンバーバッチ(『ドクター・ストレンジ』)がシャーロック・ホームズ役で主演し、社会現象を巻き起こした大ヒット犯罪推理ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』。本シリーズはシーズン5へ更新されず、シーズン4の第3話で止まっているが、幻のシーズン4第4話が存在すると信じるファンが多い。

【関連記事】BBC『SHERLOCK/シャーロック』シーズン5はいつ?明らかになっている情報まとめ

秘密の予告?

米Screen Rantによると、シーズン4には幻の第4話が存在すると囁かれ始めたのは、シーズン4第2話「臥せる探偵」が放送された後だったという。そのエピソードには連続殺人鬼のカルバートン・スミスが、「3という数字には何か心地よさがあるに違いない。誰もが3つ目で諦めてしまうから」と言うシーンがあるのだが、その言葉に特別な意味が隠されていて、最後のサプライズとして公開される第4話の秘密の予告だと考えるファンがいたとのこと。

またファンのなかには、シーズン4第3話「最後の問題」が、「臥せる探偵」のラストでマイクロフトとシャーロックの妹ユーラスに鎮静剤を打たれて昏睡状態に陥った、ジョン・ワトソンが見た夢だったと解釈した人もいたのだとか。よって、第3話は“偽”のエンディングであり、本当の最終回は後日にリリースされると考える人もいたそうだ。しかし、シーズン4第4話は存在せず、「最後の問題」が最終話となっている。

シーズン5は?

とはいえ、『SHERLOCK』はシーズン4で正式に打ち切られた訳ではない。クリエイターのスティーヴン・モファットとマーク・ゲイティスは、過去にシーズン5の可能性を示唆したことがあり、ベネディクトは、「シャーロック役の再演は絶対にないとは言えない」とコメントしていた。だが、主演のベネディクトとワトソン役のマーティン・フリーマン(『レスポンダー 夜に堕ちた警官』)が多忙を極めているため、二人のスケジュールを合わせるのが至難の業となっているようだ。

シーズン4第3話が放送されてから4年半が経つが、人気ドラマシリーズのなかには『プリズン・ブレイク』や『デクスター ~警察官は殺人鬼』のように、シリーズの終了から数年後に続編が製作されるケースもあるため、『SHERLOCK/シャーロック』も可能性はゼロではないだろう。今後の動向に注意を払っておきたい。(海外ドラマNAVI)

© 株式会社ナノ・アソシエーション