東北楽天の石井GM兼監督、続投を表明 「優勝争いできるチームつくる」

東北楽天の石井一久監督

 東北楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)兼監督が3日、来季もGM兼任でチームの指揮を執ると表明した。就任2年目の今季はパ・リーグ4位に終わり、2年ぶりにクライマックスシリーズ(CS)進出を逃したが、石井監督は「この球団で、しっかりと毎年優勝争いができるチームをつくっていきたい」と続投の意欲を語った。
 今季は序盤に球団新記録の11連勝を果たすなど好スタートを切った。しかし、徐々に投打がかみ合わなくなり、8月には最大で18あった貯金がなくなった。最終成績は69勝71敗3分けで、2年ぶりに勝率5割を下回った。

© 株式会社河北新報社