西気東輸第4ルートプロジェクトが全面着工、総延長約3340キロ―中国

中国国家管網集団「西気東輸」(西部地域の天然ガスを東部地域に輸送すること)第4ルートプロジェクトが28日、正式に着工された。同プロジェクトは新疆ウイグル自治区ウルグチャト県から寧夏回族自治区中衛市に至り、総延長は約3340キロメートル。新華社が伝えた。

同プロジェクトは完成後、西気東輸第2ルート、第3ルートとともに運営される。中国西北エネルギー戦略ルートをさらに整備し、中国の天然ガスパイプラインシステムのパイプ輸送能力を向上させ、システムによるガス供給の信頼性と柔軟性を強化し、エネルギー輸送のリスク対応力を高めるものとなる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

© 株式会社 Record China