近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園にある生態回廊。(小型無人機から、福州=新華社記者/魏培全)

 【新華社福州10月3日】中国の国慶節連休(1~7日)初日に当たる1日、福建省福州市では多くの人が森林歩道を歩き、近場でのエコツーリズムを体験した。同市はここ数年、環境に配慮したレジャー空間づくりに力を入れ、緑地の拡大を推進。現在の森林率は58.4%で、全国の省都の中で2番目の高さとなっている。

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園を散策する市民。(小型無人機から、福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園を散策する市民。(福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、緑の中に延びる福州市の金鶏山公園にある攬城桟道。(福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市に新設された金鶏山公園を散策する市民。(福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市に新設された金鶏山公園を散策する市民。(福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園にある生態回廊。(小型無人機から、福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園にある生態回廊。(小型無人機から、福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、緑の中に延びる福州市にある金鶏山公園の攬城桟道。(小型無人機から、福州=新華社記者/魏培全)

近場でエコツーリズムを体験 福建省福州市

1日、福州市の金鶏山公園にある攬城桟道を歩く市民。(福州=新華社記者/魏培全)

© 新華社