塩野義、低所得国にコロナ飲み薬 承認前提に契約

塩野義製薬の新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ゾコーバ」(同社提供)

 塩野義製薬は4日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬「ゾコーバ」について、低中所得国に広く提供するため、国際的な公衆衛生団体とライセンス契約を結んだと発表した。日本など規制当局での薬事承認が前提となる。

 団体はスイスに本部を置く「医薬品特許プール(MPP)」。今回の契約により、MPPを通じてジェネリック医薬品(後発薬)メーカーがゾコーバを生産できるようになり、117カ国での供給が可能になる。業績への影響は軽微。

 ゾコーバを巡っては厚生労働省が7月、緊急承認の判断を見送り、最終段階の臨床試験(治験)結果を待って改めて審議することになった。

© 一般社団法人共同通信社