大谷、18試合連続安打 鈴木は無安打

アスレチックス戦の5回、右中間に適時二塁打を放つエンゼルス・大谷=オークランド(共同)

 【オークランド共同】米大リーグは3日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はオークランドでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数1安打1打点で連続試合安打を自己最長の18に伸ばした。チームは延長十回4―5で敗れ、8連勝はならなかった。

 レッズ戦に「3番・右翼」で出場したカブスの鈴木は4打数無安打。チームは1―3で敗れ、連勝が7で止まった。

 カージナルスのプホルスがパイレーツ戦で通算703号となる2ランを放ち、球団によると通算打点がベーブ・ルースを抜いてメジャー単独2位の2216になった。

© 一般社団法人共同通信社