フォーミュラE、日本初開催へ 24年春、東京都が協定締結

「フォーミュラE」東京開催に向けた協定を締結する小池百合子知事(右)と大会運営団体のジェイミー・ライグルCEO=4日午前、東京都庁

 東京都は4日、電気自動車(EV)レースの世界シリーズ「フォーミュラE」を2024年春に東京で開催することを目指し、大会運営団体と協定を締結した。フォーミュラEはEVのF1とも呼ばれ、実現すれば日本初となる。コースは東京ビッグサイト(江東区)周辺を予定している。

 小池百合子知事は、都庁での締結式で「最高の技術を駆使した大会が都市の日常を変えていくでしょう」と述べ、EVなど二酸化炭素を排出しない車の普及につながることに期待を寄せた。

 フォーミュラEは14年開始。エンジン音が静かで都市開催に適しており、ニューヨークやロンドンなどを舞台に年間十数戦行われている。

© 一般社団法人共同通信社