原発運転最長60年規定を削除へ 政府方針で原子力規制委員長

記者会見する原子力規制委員会の山中伸介委員長=5日午後、東京都港区

 原子力規制委員会の山中伸介委員長は5日の記者会見で、原発の運転期間を原則40年、最長60年とするルールが原子炉等規制法から削除される見通しを示した。電力の安定供給や脱炭素促進などに向け、原発を最大限活用する岸田政権の方針に沿う対応で、議論になる可能性がある。

 経済産業省が同日、運転期間に関しては利用政策を扱う経産省所管の法律で定め直す方針を示し、規制委側は容認した。規制委は運転期間にかかわらず、老朽化した原発の安全性が維持されているかどうかを原発ごとに確認する仕組みを整える。

© 一般社団法人共同通信社