伝説的な宙明サウンド「渡辺宙明 追悼コンサート」に 中川翔子の出演が決定!

12月2日(金)に東京・NHKホールで開催される「渡辺宙明 追悼コンサート」に、歌手でタレントの中川翔子の出演が決定した。

渡辺宙明は少年時代から映画音楽の作曲家になることを目指しており、東京大学文学部在学中に團伊玖磨、諸井三郎に師事。のちにジャズの理論を渡辺貞夫から学び、1953年中部日本放送(CBC)のラジオドラマ「アトムボーイ」の音楽を手掛け、作曲家としてのキャリアをスタートさせている。1956年公開の『人形佐七捕物帖 妖艶六死美人』で初めて映画音楽を担当したのをきっかけに、新東宝の作品など多くの映画音楽を手掛けるようになり、70年代以降は、今年50周年を迎えた「マジンガーZ」をはじめ、「グレートマジンガー」「鋼鉄ジーグ」「サザエさん」「野球狂の詩」などのアニメ作品の作曲を担当したほか、「秘密戦隊ゴレンジャー」から「機界戦隊ゼンカイジャー」までおよそ半世紀にわたる“スーパー戦隊シリーズ”、「宇宙刑事ギャバン」などの“メタルヒーローシリーズ”、世界的な人気を誇り、今年50周年となる「人造人間キカイダー」などの音楽も生み出してきた。
ジャズ、ロックを子供番組の音楽に取り入れ、哀愁漂う旋律とパンチのあるリズムで人気となった。その作風は、「宙明節」「宙明サウンド」と呼ばれ、独特なサウンド/メロディーとなっている。今年の6月23日、96歳で亡くなり、5月12日放送のNHK「クラシックTV」が最後のテレビ出演となった。

新たに出演者として発表された中川翔子は、アニソンや特撮ソングをこよなく愛し、NHK-FMで「アニソン・アカデミー」という番組のパーソナリティーも務めている。2017年に中川翔子が作詞(あべあきらと共作)、渡辺宙明が作曲、歌唱をささきいさおと水木一郎という組み合わせで同番組の校歌「アニソンアカデミー校歌」をリリースしている。
渡辺宙明が遺した数々の名曲たちを、豪華出演者たちの歌声と共にぜひ体感していただきたい。

<中川翔子コメント>
私は幼い頃から宙明サウンドを聴いて育ってきました。「愛」・「勇気」・「希望」・「哀愁」など、あらゆる感情を宙明先生の音楽から教わっています。
今回、このような機会をいただけてとても光栄に思います。宙明先生が残してくださった素晴らしい楽曲の数々を、皆さんと一緒に肌で感じていきたいです。
【公演概要】
公演名:渡辺宙明 追悼コンサート
会 場:東京・NHKホール
公演日:2022年12月2日(金)

出演者:串田アキラ/ささきいさお/中川翔子/堀江美都子※50音順
音楽監督・指揮:渡辺俊幸
【オーケストラ】オーケストラ・トリプティーク(コンサートマスター:工藤春彦)
【ミュージシャン】Trumpet:エリック宮城/Keyboard:大迫杏子/Piano:紺野紗衣/Bass:二家本亮介//Drum:則竹裕之/Guitar:福原将宜 ※50音順

チケット料金(全席指定/税込):S席 9,900円/A席 7,700円/B席 6,600円/学生券 3,300円
※未就学のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。
※チケット枚数制限:4枚

※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しは致しません。チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。
※学生券は、公演当日、窓口にて学生証を確認させて頂いた後、チケットをお渡し致します。

【チケット取り扱い】一般発売日:10月15日(土)10:00
キョードー東京 https://tickets.kyodotokyo.com/watanabechuumei22
0570-550-799 (紙チケット/電子チケット)
オペレータ受付時間 平日11:00~18:00 土日祝日10:00~18:00

■イープラス https://eplus.jp/chumeiwatanabe/ (紙チケット/電子チケット)
■チケットぴあ https://w.pia.jp/t/chumei/ (Pコード:228-511)(紙チケット/電子チケット)
■ローソンチケット https://l-tike.com/watanabechuumei/ (Lコード:73887)(紙チケット/電子チケット)

主催:キョードー東京/スリーシェルズ
後援:朝日新聞社/日刊スポーツ/ニッポン放送/文化放送/TBSラジオ

問い合わせ先: キョードー東京 0570-550-799(平日11時~18時 土日祝10時~18時)

© ソーシャルワイヤー株式会社