TOKYO MX初の生放送帯番組での手話通訳付き放送を開始 / Screens

東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)で、毎週月曜~金曜7:15~7:20(『堀潤モーニングFLAG』内)に放送中の『東京インフォメーション』で、10月から手話通訳付き放送が開始された。

『東京インフォメーション』は、都政に関する最新情報や、医療・福祉・防災・教育など生活に役立つ情報、芸術・文化・スポーツのイベントなど様々なお知らせを毎日生放送で紹介する番組。番組では、ろう者、難聴者、中途失聴者など手話を必要とする方たちの意思疎通を行う権利を尊重し、安心して生活することができる共生社会の実現を目指し、10月からは、全編で手話通訳を画面上に表示している。

番組を見るどの方にも等しく情報を届けることで、情報のバリアフリー化を進めていくという。TOKYO MXの生放送の帯番組において、全編で手話通訳を導入するのは初めての取り組みとなる。

【番組概要】 ※下記内容は都合により変更となる場合があります。予めご了承ください。
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月~金曜日 7:15~7:20

番組ホームページ

© 株式会社TVer