「え…お父さんと散歩?」テンションがた落ちの柴犬に爆笑 「受け入れられない」なぜ?散歩はどうなった?

ハーネスとリードをつけてお散歩の準備万端な柴犬さん。ところが、そのリードを持つのがお父さんだと気がついて、「お父さんが散歩?」とじっと見つめたあと、そっと目を伏せました。

「お父さんとのお散歩という現実が、受け入れられないぼく。」とつぶやいたのは福丸(@totomo_fukumaru)くん(8歳)です。

「散歩に行くのは、お父さん?」(提供:福丸さん)

「受け入れられないの〜?大好きなのに?」「福丸君、お父さんとのお散歩、楽しんできてね😊」「楽しみ半減なんだけどな……ぼく。」「がんばって!☺️♥️」と、気持ちが顔に出ちゃっている福丸くんに爆笑しつつ、応援するコメントが寄せられました。福丸くんとお父さんは、どんな関係なのでしょう。ツイートしたお母さんに聞きました。

──福丸くんは、お父さんが嫌いなわけではないのですよね?

福丸とお父さんの関係は、年の近い兄弟の様です。仲良くしてると思ったら、ガウガウお互いにやり合ったりしています。福丸の中での主従関係は、お父さんは自分と対等な存在となってます。

「お父さんと散歩…」(提供:福丸さん)

──それでお父さんとお散歩に行くのは気が進まないのですか?

お父さんは基本的に仕事が忙しく、私のほぼワンオペ育犬で育ったのと、お父さんの可愛がり方がちょっとねじ曲がっていて、いわゆるちょっかいをしつこくしたりするので、福丸にとってお父さんは何をするか分からない存在なんです。

福丸くんとお父さんは、そんなちょっと珍しい関係なので、お父さんとのお散歩だと分かるとすぐには受け入れられないようです。

寝ている福丸くんにちょっかいを出すお父さん(提供:福丸さん)

──お父さんと兄弟みたいな関係になるって、ちょっと珍しいかもしれないですね。このあとお散歩には行かれたのでしょうか?

いざお散歩へ行ってしまえば、いつも楽しくたくさん歩いて帰ってきます。そして、男同士なので田んぼの中を覗いたり、棒などで遊んだりする時は意気投合してます。

──完全に兄弟ですね(笑)。福丸くんの気が乗らない表情に、お父さんはショックを受けたりは?

お散歩もそうですが、お父さんとのふたりでのお留守番と理解した時も福丸は受け入れられない表情をします。もう毎度のことなので何とも思ってないです。

…でも、私はそれが問題だと思ってます。ショックを受けたり、何でだろうって思えば、自分の行動や福丸に対する態度を振り返り変えられると思うのですが、それがありませんので。

お父さんのことは好きだけど、困っちゃうときもあるんだワン(提供:福丸さん)

──お父さんは、福丸くんが対等に思っていても気にならないのですね。

福丸には負けたくないって何故か思ってるようです…。

──なるほど…。福丸くんとの出会いは?

一軒家を建てて主人ともども犬を飼いたくて、たまたま入ったペットショップで4ヶ月になったばかりの福丸に出会って迎え入れました。

──以前には、大好きなばぁばに会いたくて大喜びなのに、たたきから玄関には決して上がらない賢い福丸くんの姿が話題になりました(そのときの記事はこちら)。そのときはご自宅の玄関にもあがりませんでしたが、今もですか?

実は、今年の2月に気管内腫瘤の破裂に伴う吐血をし治療をしました。その時に夜間目を離せない時期があったので、玄関だけでなく隣りの和室は上がっていいこととしたので、そのまま今も和室まではOKとなっています。福丸はよく理解していて、玄関か和室かだけで、柵などもないのに他の部屋へ出ることはほぼありません。

──手術をされたとお聞きして、心配です…。

福丸は3歳の時に気管虚脱で手術を受けており、その影響で今回気管内腫瘤が出来てしまったようなんです。気管虚脱の術後は呼吸状態も問題なく、今回も吐血以外は呼吸等に影響なく過ごせてはいましたし、今は数ヶ月おきに定期検診を受けてますが、内服もする事なく元気に過ごせています。

◇ ◇

お父さんとのお散歩も、最初から笑顔が出ますように(提供:福丸さん)

福丸くんの「喜怒哀楽がすぐに顔に出てしまうところと、とても素直で日々を全力で楽しんでいるところ」がかわいいと話すお母さん。お母さんの気がかりでもある、お父さんと福丸くんの関係がちょっぴり良い方向に変化して、福丸くんが最初から笑顔でお父さんとお散歩に行けるようになるといいですね。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)

© まいどなニュース