東京円、144円台後半

 6日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=144円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比13銭円安ドル高の1ドル=144円57~60銭。ユーロは30銭円高ユーロ安の1ユーロ=143円28~32銭。

 前日に発表された米国の非製造業に関する経済指標が市場予想を超え、米長期金利が上昇。日米の金利差拡大が見込まれ、運用に有利なドルを買う動きが優勢だった。6日朝方の北朝鮮によるミサイル発射でリスク回避の円買いが出る場面もあった。

 市場では「7日の米雇用統計の発表を控え、積極的な取引がしにくい状況だった」(外為ブローカー)との見方があった。

© 一般社団法人共同通信社