フェルスタッペン、勝利でタイトルを決められるか「完璧な週末にするためベストを尽くす」/F1日本GPプレビュー

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1日本GPで自身2度目のドライバーズタイトル獲得を決めるには、完璧な週末を送る必要があると語った。

 前戦シンガポールGPは、今年初めてタイトル決定の可能性があるグランプリだった。だがフェルスタッペンは7位に終わり、日本GPが2022年チャンピオン誕生の場となる可能性が出てきた。

 フェルスタッペンは、優勝とファステストラップを記録すればタイトルを決められる。週末を通して完璧な仕事ができるよう、全力を尽くしていくとフェルスタッペンは語った。

「とうとう日本に戻ってきた。ずいぶん久しぶりのことに感じるよ。鈴鹿でまたレースをするのが待ちきれない」とフェルスタッペン。

「日本にいるのが大好きだし、ここにはたくさんのいい思い出がある。食べ物はおいしいし、ファンたちはすごく特別で、親切で礼儀正しいんだ」

「今回も、ドライバーズタイトルを勝ち取るチャンスがあるレースだ。完璧な週末にしなければならないが、可能性があるのだから、全力を尽くすよ」

「ここは昔ながらのコースで、高速コーナーがたくさんある。セッションひとつひとつを通してまとめ上げていかなければならない。天気がどうなるか様子を見よう。雨が降ると聞いているし、そうであれば面白い展開になるかもしれないよ」

2022年F1第18戦日本GP セルジオ・ペレス(レッドブル)

 セルジオ・ペレスは、前戦シンガポールGPで完璧な勝利を飾り、いい流れで日本GPに臨む。ペレスの目標は、日本GPでの自身初表彰台だ。

「鈴鹿は他に類を見ないコースで、本当に特別なところだ。第1セクターが特にそうだね。世界でも有数のコースであることは確かだよ。いいラップにするには、基本的にターン11までを緻密に進んでいかなければならない。プッシュしすぎたり限界を越えてしまうと、台無しになってしまうんだ」

「リスクを取ろうとする場合、そのリスクのレベルはとても高いんだ。ランオフエリアがないから、ミスをしたらあっという間にひどい状況になってしまう。コースのコンビネーションは最高だよ」

「残念ながら僕は鈴鹿で表彰台に上がったことがないから、今週の日曜日に上がれたら素晴らしいだろうね。僕にとって日本の最高の思い出はファンの思い出なんだ。彼らとホンダのために今週末はいい結果を出したいと思う」

© 株式会社サンズ