広島に「ヒルトン広島」が誕生! 「また来たい」と思わせる“おもてなし力”がすごかった<宿泊レポ>

エグゼクティブツイン クランクイン!

「ヒルトン」ブランドの中国・四国地方初進出となる“ヒルトン広島”が、10月22日(土)にグランドオープニングを迎えます。それに先駆け、9月1日(木)からソフトオープンしており、今回クランクイン!トレンドでは、本ホテルでの宿泊を体験。「また来たい」と思わせる“おもてなし力”を感じる、ぜいたくステイの様子をレポートします。

■観光地まで足を伸ばしやすい好立地

今回オープンするヒルトン広島は、広島駅から車で10分、広島市のメインストリートである平和大通りにほど近く、UNESCO世界遺産の原爆ドームや平和記念公園は徒歩圏内に位置するフルサービスホテル。

原爆ドームや平和記念公園まで実際に歩いてみたところ、かかった時間は約20分ほどで、坂道などもない上、空が広い街なので、気持ち良くアクセスすることができました。バスもたくさん通っており、移動には困らない立地です。

ホテルのエントランスを入ると、まず目に飛び込んでくるのが大きな松の盆栽。館内は全体的に木のデザインが施されており、とても落ち着いた雰囲気です。チェックインの際などで対応してくださったスタッフさんも、とても親しみやすく、声をかけやすい空気をつくってくれています。

■広島らしいお部屋がすてき

今回は、ホテルの上層階、19階から22階に位置するエグゼクティブルームに宿泊。いわゆる“ちょっと良い部屋”で、高層階ならではの眺望と、高品質のアメニティに加え、フロア滞在者専用のエグゼクティブラウンジも利用できるお部屋となっています。壁にあしらわれた紅葉のモチーフや、瀬戸内の海を思わせるカーペットのカラーが広島らしくて、とってもすてき。

また、デザイン面のみならず、ベッド脇やテーブル近く、ミニバー、洗面所などに十分な数のコンセントが用意されており、気配りの良さを感じます。このように、今回泊まってみてとにかく感じたのは、その“おもてなし力”のすごさです。

■散りばめられた客室の工夫

例えば、客室には、「ふふっ」と思わずほほ笑んでしまう仕掛けが満載。備え付けの浴衣は、ウエスト部分に帯のようなデザインがあしらわれている和なデザインで、胸元の折り鶴の刺しゅうが広島らしさを感じさせます。

また、カードキーが木のデザインだったり、アカウントがあればVODに簡単にアクセスできるリモコンが用意されていたり、備前焼の湯飲みが置いてあったりと、デザイン面から機能面まで、作り手の思いやりが伝わる工夫が詰め込まれていました。

さらに、引き出しや扉などに無駄な出っ張りを作らず、床も段差がない安心設計で、クローゼットは157cmの筆者がすっぽりと収まってしまう高さ&広さもうれしいポイント。滞在中、不自由なことは感じず、ブラインドも直射日光を遮るものと、完全に光を遮るものがあるので、ぐっすりと眠ることができました。

■ホテルの楽しみ方は無限大!

もちろん客室以外にも、ヒルトン広島の魅力はまだまだあります。本ホテルは、16室のスイートルームを含む全420室の客室のほか、4つのレストラン&バー、エグゼクティブラウンジ、プール、ジム、サウナを有するフィットネスセンター、スパ・トリートメントルーム 「Spa by L’OCCITANE」、婚礼施設に加え、最先端のLEDテクノロジーとAVシステムを完備した1000人以上を収容可能なボールルームを含む19室もの宴会場・会議室を完備しています。楽しみ方は無限大です。

エグゼクティブルームの宿泊者が利用できるエグゼクティブラウンジは、フィンガーフードやカクテル、ソフトドリンクが用意されており、宿泊者はこれらを好きなだけ楽しむことができます。仕事がはかどるほど落ち着いた雰囲気で、ここで見る夕日はとても美しかったです。

また、「ロクシタン」の上質なトリートメント体験ができる「Spa by L’OCCITANE」もオススメ。フレッシュな柑橘系の香りに包まれる、ヒルトン広島限定のトリートメントは、時が経つのを忘れるほどの気持ちよさで、誰にも邪魔されないプライベートな空間も、ご褒美にぴったりです。

それから、語らずにはいられないのは、レストラン! まず、オールデイダイニング「モザイク」は開放感あふれる空間が心地良く、さらなる食欲を呼び覚ましてしまうようなダイニングとなっています。ソフトオープン中とはいえ、ランチの時間はほぼ満席という人気っぷり。ビュッフェというと、白いお皿のイメージですが、淡いカラーがかわいらしいデザイン性の高い食器類にもぜひ注目してほしいです。

また、日本料理「泉水」で過ごす時間は至福のひととき。「モザイク」でも食器のかわいらしさが印象的でしたが、こちらでは備前や織部など全国各地から取り寄せた器とともに、美しい懐石料理を楽しむことができます。お肉、お魚、デザートまでも繊細な味わいで、うっとりしたまま時間が過ぎていきました。

フルサービスのホテルということもあり、1度の訪問では堪能しきれないのがヒルトン広島。「また来たい」と思わせる“おもてなし力”の高さに、ただただ脱帽するばかりです。

© ブロードメディア株式会社