10月4日は「里親の日」日本こども支援協会代表理事・岩朝しのぶ“養育里親の現状”を明かす

アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。10月5日(水)の放送は、NPO法人「日本こども支援協会」の岩朝しのぶ(いわさ・しのぶ)さんがゲストに登場。養育里親制度の現状や、里親への支援活動について語ってくれました。

(左から)岩朝しのぶさん、パーソナリティの坂本美雨

岩朝さんは2010年に任意団体「日本子ども支援協会」を立ち上げ、15年に法人化。19年に拠点を大阪市中央区に移し、現在は里親として中学生の娘を育てながら、里親制度の啓発活動、里親支援に尽力しています。

◆養育里親の支援にフォーカス

日本の里親制度が始まった10月4日は「里親の日」であり、毎年10月は国が定めた里親月間です。今回のオンエアでは、去年に引き続き岩朝しのぶさんがゲストに登場しました。

岩朝さんは養育里親(要保護児童を一定期間養育する里親)の制度を広める啓発活動をおこない、コロナ禍になってからは里親の支援にも注力しています。その背景には、3割近くの方が養育里親を1年以内にギブアップしてしまう問題があります。

ギブアップしてしまう人の多くが、不適切な環境で育ったために歯磨きや入浴などの習慣がない、暴力を受けてきた反動で攻撃的な性格になっている、心を閉ざして言葉を発さないといった、里親の予想を超えた子どもとの交流の難しさによるものです。

岩朝さん自身も里親として中学生の娘と暮らし、自身の経験を踏まえ、里親たちが抱える問題に日々向き合っています。「(家族の)血ってどうせ見えないので。今となっては子どものほうが『血が繋がっているんじゃないか』って言うぐらいです。時間が“家族”にするんだなと思います」と、岩朝さんは思いを口にしました。

◆養育里親が抱える課題

現在、養育里親には「親権が持てない」という問題点があります。坂本は「愛情を育んだ上で別れがくるんじゃないかっていうのは怖いと思います」と率直な意見を述べました。岩朝さんは法的な進展がないことを挙げ「児童福祉のなかで、多くのことが大人の都合中心でまわっているのが一番の問題だと思っています。いろんな大人の不都合のなかに子どもの人生が追いやられているとときどき感じますね。それでも現場の人は一生懸命頑張っていて、『一人でも多く』という思いで毎日やっています」と、心中を明かします。

岩朝さんの発言を受け、坂本は「法律という単位で動いてくれる署名運動もしつつ、岩朝さんのように現場で動いてくださっている方々のことを支援したり知っていくこと。まだまだ私たちには必要だなと思います」とコメントしました。

養育に必要な子どもたちの数は42,000人にものぼります。2021年は45,000人でしたが、「児童虐待が増えているので、ニーズが減ったということではない」と警鐘を鳴らす岩朝さん。大規模な児童養護施設のユニット化が進み、受け入れ人数が減ったことが要因の1つではないかと訴えます。施設職員の増員と、里親希望者の増加が切に求められています。

◆日本こども支援協会の取組み

岩朝さんは里親に関する講演をはじめ、さまざまなメディア、ツールを介して活動しています。番組では、日本こども支援協会の活動の一部を紹介しました。

映画監督・佐野翔音(さの・しょうおん)さんは、2022年4月に養育里親をテーマにした映画「育ててくれて、ありがとう。」を公開しました。児童虐待や子どもの貧困などで社会的養護を受ける子どもたちと、その親、彼らを支えようとする大人たちをテーマにした映画制作をおこなう佐野さんは、これまで「わたし、生きてていいのかな」「こども食堂にて」を発表。本作は3作目となります。

作中で、岩朝さんは日本こども支援協会代表理事役で出演。映画は里親啓発事業を手掛ける県・自治体の上映会で一般公開されており、詳細は日本こども支援協会のホームページに掲載しています。

また、厚生労働省は、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と定めています。これを受けて、取組みの1つとして、日本こども支援協会は「ORANGE WALK2022」というRUN&WALKイベントを実施します。「こどもたちの明るい未来」を示すシンボルカラーであるオレンジのアイテムを身につけて歩くイベントで、参加者の歩数が各団体の支援金にあてられます。岩朝さんは「いろんな思いを形にできるんじゃないかなと思います」とコメントしました。

日本こども支援協会では、10月4日(火)から全国一斉里親制度啓発キャンペーン「デジタルハート」を実施中です。詳細は公式ホームページをご確認ください。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年10月13日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。


<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

© ジグノシステムジャパン株式会社