松本潤“相撲”を参考にボディバランスを進化!「四股を踏む理由はこういうことだった」

松本潤さんが起用された、総合かぜ薬「ルルアタックプレミアムシリーズ」の新TVCMが、10月8日より、全国で放映開始されます。

この新TVCM「プレミアムに進化」篇は、松本さん演じる世界をカゼから救うヒーロー「ルルアタッカー」から進化し、「ルルアタッカープレミアム」となり、閃光を放ちながら街を疾走。

「もっと速く届けたいから」という強い思いを胸に、つらいカゼの症状に悩む人のもとへと急ぎ、症状を改善させる内容。松本さんのスピード感あふれるダイナミックな演技に注目です。

進化した今作の見どころは?

本CMでは、進化した「ルルアタッカープレミアム」のスピード感を演出するため、“走る”シーンがとても多い撮影となりました。

ランニングマシンの上で“走る”、スタジオの中を“走る”、くるりと回って“走り去る”と、終始走りずくめだった松本さん。

撮影を終えると「(撮影中は)ずっと走っていました。ほぼ止まっていないです」とコメント。

さらにはワイヤーアクションの要領で、ジャンプをしたり、宙吊りになったりと、タフな撮影の連続でしたが、「今回の見どころはスピード感です。とにかく進化した“プレミアム”を、スピードで表現しています。衣装も新調していただき、金色に変わってプレミアム感を表現しています」と、笑顔で語りました。

松本潤がプレミアムに進化させたいことは?

CMの内容にかけて、「普段の生活において進化したいこと、進化させたいこと」を聞かれた松本さん。

「ボディバランスをより進化させたいです」と答え、「最近、(身体の)“軸”にこだわった生活をしているので、自分の体幹がどういうふうに動くのかなどをより意識しています。特に最近では“和もの”の動きをすることが多く、その動きに必要な(ボディ)バランスを取れるように心がけています」と説明しました。

また、「これまで普段の生活において使っていた筋力とは違うところを使うので新鮮です」と明かし、“和もの”の動きや所作の参考にしているのが“相撲”とのこと。

「相撲ってこういう体の動かし方をしていたんだ!四股を踏む理由はこういうことだったんだ!と思いながら(相撲を)見ています」と語りました。

© 株式会社フジテレビジョン