広瀬すず×横浜流星、CM初共演「新しい姿見れて嬉しかった」

カンフーも披露(メイキング)

広瀬すず、横浜流星が出演する富士フイルム「INSTAX Link」シリーズの新TVCM「ワクワクがリンクする。」INSTAX mini Link 2篇が10月8日から全国で放送される。映画『流浪の月』で恋人役を演じた2人だが、TVCMで共演するのは初めて。横浜は「明るくて沢山笑顔が見られたのですごく楽しかったです」と語る。

スマホで撮影した画像をチェキプリントにできるスマホプリンター「INSTAX Link」シリーズの新TVCM。広瀬すずと横浜流星が「instaxAiR」機能を使って空間に絵や文字を描きチェキプリントを共有。ワクワクする楽しい気持ちが拡がっていく様子を「ワクワクがリンクする。」というキャッチコピーとともに紹介する。

またCMソングには人気バンド・緑黄色社会の新曲「Don!!」を使用した。

公開されたメイキングムービーでは、横浜が好きなカンフーのポーズを広瀬に伝授し、二人で笑い合う様子や、撮影後に広瀬が横浜の誕生日をサプライズケーキで祝福している様子が見られる。

インタビュー

――撮影の感想と印象的なシーンをお聞かせください。 広瀬

監督が自由な感じで色々切り取ってくださるので、今回もお洒落な CM になりそうだと楽しみにしています。自由にできるのは楽しいですし、その場の流れで変わっていく表現の仕方というのが、すごく印象的でした。ダンスはアドリブでやりました。二人のダンスの息が合っているようで合っていない感じが、さすが私たちだなと思いました(笑) 横浜

自分の中での山場が二人で踊り合うシーンだったので、そこはちょっと苦戦していたんですけど...すずちゃんのお陰でなんとか楽しくこの山を乗り越えることができました。上手くハマったなと思うダンスは、指パッチンしたところですね。すずちゃんはどんな動きをしても画になるので、これはどうしようと思って、最後に振り絞ったこれ(指パッチン)がなんとなく自分の中でしっくり来ました。 ――CMでは初共演になりますが、今回の撮影を通じて発見したお互いの新たな一面を教えてください。 広瀬

映画の現場でお会いする顔とはまた雰囲気が全然違って。流星くんはどんなダンスをするんだろうって楽しみにしていたら、思いの外ノリノリのキレキレだったので、「こんな一面もあるんだ!」っていう新しい姿が見られて嬉しかったです。 横浜

映画で共演した時は役として向き合う時間の方が長かったので、今回ご一緒させてもらって等身大の姿というか、明るくて沢山笑顔が見られたのですごく楽しかったです。 ――スマホプリンター『INSTAX mini Link 2』を使ってみていかがでしたか?また今後どのように遊んでみたいですか? 広瀬

現場でクランクアップした時に、お礼に(関係者にチェキプリントを)渡したいです。今まで文字を書いたりして渡すことは沢山あったのですが、新しい「Link 2」の使い方として、お手紙の代わりにもなるんじゃないかなと思います。みんなを撮って、プレゼントできたら良いななんて思います。 横浜

まずチェキの進化に驚きました。色んなエフェクトがあったし、だからこそ楽しくお洒落に思い出を作れるなと思いました。さっきすずちゃんも言っていましたが、現場とかに持っていって一つの現場の思い出として残せたらいいなと思いました。

© 株式会社アイ・シー・アイ