金づちで頭を数十回殴った罪 父親殺害で同居の51歳息子を起訴、京都地検

京都地検(京都市上京区)

 京都市西京区の民家で5月、高齢男性が殺害された事件で、京都地検は7日、男性の息子で同居人の無職の男(51)を殺人罪で起訴した。

 起訴状によると、5月15日午後5時ごろ、自宅で父親(78)の頭部を金づちで数十回殴り、殺害したとされる。

 地検は刑事責任能力を調べるため、約4カ月間の鑑定留置を行っていた。

© 株式会社京都新聞社