見津賢「純喫茶でしか味わえない世界観はたまりません」 必ず注文するメニューとは?

止まった時間に馴染んだ自分に、ホッとします。

見津賢さんが純喫茶に興味を持ち始めたきっかけは、祖父との思い出。

「子供の頃から、埼玉に住む祖父がよく、行きつけの喫茶店に連れていってくれました。高校生の頃、久しぶりに祖父の家に行った時に、その喫茶店に行こうと思ったら閉業していて、すごく悲しくて。そこで初めて、純喫茶というものがなくなりつつあることを知り、調べるうちに愛着を持つようになりました」

以来、仕事で訪れた地や、都内でも初めて降り立った駅では、純喫茶を探して行くようになったそう。

「週に3~4軒は訪れていて、都内はもう300軒以上は行きました。知らない土地でも、この辺にありそう、と嗅覚だけで探すことも多くて、見つけるのは得意ですよ(笑)」

ひとつとして同じ店がない純喫茶こそが、見津さんのご自愛の場。

「外観と内観の雰囲気が違うこともあるので、店に足を踏み入れる瞬間はワクワクします。そして、店内に入ると、せかせかした都会の中にあっても、時間が巻き戻っているような、まるで映画のワンシーンにいるみたいな感覚にさせてくれるんです。常連さんが昔から同じ話をしていて、マスターは昨日と変わらないコーヒーを運んでいて…そんな純喫茶でしか味わえない世界観はたまりません。必ず注文するのは、店の味の違いがわかりやすいコーヒーと、店のおすすめメニュー。カメラが趣味なので、写真がOKなら、気になる風景を写真に収めます。そんなふうに時間を過ごしていくうちに、初めはワクワクしていた気持ちが少しずつ落ち着いていくのがわかるのですが、そこで初めて、止まった時間に馴染んだ自分がいて、ホッとするんです」

猫がいる喫茶店の、看板メニューはナポリタン。

「純喫茶には“おばあちゃんがやっている喫茶店”とか“ゴージャスな喫茶店”など、実はいろんな種類があります。その中の“猫がいる喫茶店”が、神奈川県にある『TAKEYA』。猫好きにも人気のお店です。ここはナポリタンが美味しいので、行くと必ずナポリタンを食べます」

窓からの景色が最高! 純喫茶好きの聖地。

「最上級に好きな喫茶店は、東大前の『こころ』。2階の窓側席から東大の銀杏並木を見ながら、コーヒーやクリームソーダを堪能します。名物の“ウインナーライス”がおすすめ!」

開店直後に見た癒されるひとこま。

「個人的に“後ろ姿シリーズ”を撮り溜めていて、こういう背中で語っている感じに弱い(笑)。ここは神奈川県にある『フロリダ』。テーブルと椅子、チェックのシャツの配色が絶妙です」

みつ・さとし 1996年3月6日生まれ、神奈川県出身。出演作に映画『衝動』など。写真家としても活動。「昔から行ってみたい喫茶店は、岡山県で最も有名な『キャッスル』。お店の壁に水槽が埋め込まれている、幻想的な内装を一度見てみたい」

※『anan』2022年10月12日号より。取材、文・若山あや

(by anan編集部)

© マガジンハウス